看護師転職サイトランキング








マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/







ナース転職サイト比較研究所

ナースが仕事を変える時のステップとしては、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をリストアップするのがよいでしょう。
日中だけの勤務がよい、オフはたくさんあるのがいい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、望む職場環境は人それぞれです。
ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。看護師のための転職サイトの中に、祝い金をもらえるサイトが存在します。

 

転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。

 

 

 

けれど、お祝い金を受け取るためには条件がないことは少ないので、事前にしっかりと確認しておくようにする方が損しませんね。

 

 

 

そして、祝い金のないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。

 

 

他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが申込理由です。
どうしてこの仕事場がよいのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは簡単ではありません。

 

 

 

給与アップ、休日が増える等の採用条件で選んだと見られるよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、将来性を連想させる志願内容が比較的受かりやすいものです。看護専門職が職場を移る根拠としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、不本意な評価をされかねません。

 

 

 

たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、未来志向であることを印象付ける志望理由を言えるように準備しておきましょう。
看護師が転職しようとする理由は、人間関係という人が大変多いです。
女ばかりの仕事ですし、イライラしやすいこともあり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする発端となる人も少なくありません。辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体を悪くしてしまうので、すぐにでも転職を考えましょう。看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、具体的には1月、6月がオススメです。

 

実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、焦らず比較検討するとよいでしょう。

 

 

1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、人材募集が増加してくるタイミングまで様子を見るのがベターです。

 

 

自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世間にはいます。

 

 

 

能力を磨いておくことで、収入を増やすことも目指せるでしょう。その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分に合う職場を探すのは大事なことです。

 

 

 

内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。

 

専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

 

 

 

けれど、一生懸命に看護師の資格を取得したわけですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。

 

全然異なった職種だとしても、有利となる職場は多くあります。努力して得た資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。

 

看護職の人がジョブチェンジするやり方は、ここ数年、オンラインサービスの使用がメジャーとされるようになってきています。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点を生かせば、タダの上、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を確認することができるのです。職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、多くの情報を比較することがポイントになりますから、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。

 

子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

 

看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。育児の大変なときのみ看護師をやめるという人もたくさんいますが、育児にはお金が必要ですから、資格が活用できる転職先を探したほうが良いでしょう。もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。
看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には出てこない案件も数多くあります。

 

一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。

 

なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談を依頼することも可能です。看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。

 

面接者の評価が良くなければ、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえ選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。
雇用の条件に恵まれているところは志願者数も多く競争率があがりますので、慢心することなく念入りに用意して就職面接当日を迎えましょう。

 

場にふさわしい端正な装いで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

 

看護師でも転職回数が多いとマイナス評価となるのかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRをうまくできれば、経験が多くあり、意欲的であるという印象にもっていくことも可能でしょう。

 

とは言っても、勤務の年数があまりにも短いと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる可能性が出てきます。

 

看護師の転職の技としては、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。更に、3ヶ月は利用して注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。

 

 

気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、再びやめることになる場合もあるので、自分の条件に合う職場をしっかりと見つけるようにしましょう。そのためには、自分の希望を分かりやすくしておくことが必要ですね。

 

結婚と同時に転職を考える看護師も非常に多くいます。

 

 

配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を考える方がいいと思います。

 

 

 

いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職しておくと良いでしょう。
イライラしがちだと子どもを授かりにくくなるので、要注意です。