看護師転職サイトランキング












ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/

























人気ベスト看護師求人

病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずはっきりさせておきましょう。

 

 

 

ナイトナースはできない、休みの日が減るのは困る、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。
看護師のための転職サイトの中に、お祝い金があるところが存在しています。転職してお金を受け取れるなんて得した気分ですよね。

 

けれども、祝い金を出してもらうためには条件が大抵はあるため、チェックを事前にきちんとしておくようにした方が吉です。
そして、祝い金のないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。

 

 

 

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好感をもってもらえるように表すのはたやすくはありません。
給与アップ、休日が増える等の労働条件のメリットを出すよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、前向きな理由付けの方が好まれ、合格へ近づきやすくなります。

 

 

 

看護師が転職を考える時に、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。
けれども、努力して看護師資格を得ることができたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。かなり異なる職種であっても、看護師の資格が優遇される仕事はいくつも存在します。

 

 

頑張って得ることのできた資格ですから、利用しないのは損です。
ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、最近ではインターネットを利用するのが過半数を占める勢いです。

 

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点を生かせば、出費もありませんし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを閲覧できます。転職活動が実を結ぶようにするには、様々な角度から調査することが要となりますので、仕事を変えようと思ったら先延ばしにせずクリックしてみてください。看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には載らない場合も多数あります。

 

 

ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、仕事場のカラーといったこともチェックできます。

 

こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを任せられることもあるようです。

 

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、大半の人は賞与が出てから退職するため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。
看護職員の価値は市場では依然高いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、人材募集が増加してくるタイミングまで静観することを推奨します。あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなりの数います。配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職する方が良い選択でしょう。いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職しておくと良いでしょう。

 

 

イライラしがちだと妊娠しにくくなりやすいので、注意するようにしてください。実際、看護師が転職する理由は、人間関係といった人が多くいます。女性の多い職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。
一部には、パワハラやいじめが転職を考える発端となる人も少なくありません。ひどい環境を我慢して働くと、健康を害してしまいますので、早く転職することをお勧めします。

 

 

 

よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、否定的な事由だったりすると、わざわざ株を下げることになります。
要因として現にあったとしても素直に明かす意味もありませんので、ポジティブな印象を与える応募動機を告げるようにして下さい。将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくありません。

 

スキルを高めることで、収入を増やすこともできるでしょう。看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に適した場所を検討することは必要でしょう。内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が合うという人も存在するので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。

 

 

 

ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。
面接担当官に悪印象だと、看護職員を望む職場が多い現状でも不合格になる可能性があります。
雇用の条件に恵まれているところは応募者数も多くなりますから、気を抜かないで万全を期し就職面接当日を迎えましょう。
身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

育児のために転職する看護師も少なくありません。

 

 

特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、昼間のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。

 

 

 

子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もたくさんいますが、お金がなければ育児ができないので、資格が活用できる転職先を見つけた方がいいでしょう。

 

 

看護師でも転職回数が多いと印象が悪くなるかというと、絶対そうであるとは言えません。

 

自己アピールを上手に行えば、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージを持ってもらうことも可能です。ですが、働いている期間がほんのちょっとの場合には、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまうこともありえるでしょう。

 

 

 

今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。加えて、3ヶ月程掛けて注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。

 

 

 

急いで転職してしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の希望する条件に適した仕事をじっくりと見つけましょう。ですので、自分の中で条件をハッキリとさせておきましょう。