看護師







看護師転職サイトランキング












ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/

























企業看護師求人転職相談

一般的に看護師の転職支援業といいますのは、医療機関へ転職をしたいと望んでいる看護師さんを紹介斡旋します。就職が決まった後、病院・クリニックが看護師専門転職情報サイトへ成功コミッションという名目の定まった手数料が送金されるのです。
全般的に看護師における給料に関しては、あらゆる他業種よりも、新任の初任給は多くなっています。そうはいってもその後は何年経っても、給料があまり上昇しないといったことが現状なのであります。
手馴れた転職コンシェルジュが病院・医療機関の現場の内情の良し悪しを調べたり、面接のコントロール役、加えて待遇内容交渉までも代理で行ってくれます。納得のいく求人探しを行うためには、看護師専門求人サイトが役立ちます。
転職活動を行う上では、「職務経歴書」の存在は相当重要なものとなります。そして特に普通の企業における看護師の仕事の求人案件にいざ申込みする時、「職務経歴書」の放つ重要レベルは高いものだといわれています。
一般的に精神科病院・病棟に関しては、危険手当等がついてきて、他の診療科よりも給料が上がります。中には腕力が必要な危険を伴う業務もあるので、男性の看護師さんの人数の方が多くいるのが特徴的な部分です。
一般的に看護師業界の職務に関しては、医療関係者以外の私たちが考えているよりもかなり忙しい業務内容で、その分給料も高い設定であるわけですが、年収は勤務する病院毎に、かなり差があります。
年収額が、男性の看護師の方が女性看護師よりも低いシステムであるとか言われますが、それについては当たりません。転職求人サポートサイトをきちんと用いたら、さほど費用がかからずに理想的な転職ができるはず。
実際クリニックにより、正看護師と准看護師とで年収額の差が大きくないこともあり得ます。これについては病院における診療報酬の制度が関係します。
看護師業界に特化した転職アドバイザーに頼るのが、どんなところよりトントン拍子に転職が成功させられるやり方だと断言できます。経験豊かな担当者が交渉してくれるから、年収自体もいくらか増えるといえます。
このごろ社会全体が冷え込んでおりますが、しかしながら看護師の世界の中では大して経済情勢の影響が波及せず、求人の案件は多くあり、自分にベストな勤め先を捜し求めて転職を実行する看護師さん方が多数おられます。
しょっちゅう給料・手当てや待遇などの面が、各々の看護師求人・転職情報サイトで開きがあることが頻繁に起こり得ます。はじめに3〜4件のサイトにエントリーを済ませて、照らし合わせながら転職活動をするようにした方が非常に効率的でしょう。
景気が悪い中、大卒だとしても、就職先が一つとしてほとんど存在しない厳しい世の中の状況下でありますけど、その一方看護師については、病院などの医療施設での慢性的人手不足によって、転職先が沢山あって困ることがないです。
看護師の新しい転職先として、つい最近注目されているのが、病院ではなく介護老人福祉施設や民間会社の職場です。高齢者人口が増えるに従い増加の傾向をたどり、未来も需要は広がることが推測されます。
転職活動を行う際は、何を最初にするといいのか定かではないと思っている看護師も大勢いるものだと考えております。そういう方は転職・求人支援サイトに申し込めば、専任のエージェントの人がついてくれ転職についての活動を直に支援してくれます。
もしも看護師で最終学歴が大卒で著名な病院の看護師の最高役職の位置にまで上りつめた場合、つまり看護学部での教員の教授や准教授と互角といえる存在にであるため、年収850万円より多い額になるといえます。