看護師







看護師転職サイトランキング








マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/







土日休み 看護師 東京

看護師の皆さんの転職活動をバックアップしてくれる担当のアドバイザーは、看護師限定&地域専属です。その為担当するエリアの医療機関などの看護師さんの募集に関する情報を熟知していますので、いつでもすぐにご覧に入れます。
各々のクリニックにて、正看護師サイドと准看護師サイドで年収金額の差が大きくないこともあり得ます。それは国内の医療行為の診療報酬の制度が関係しております。
看護師の離職率の数値が高すぎるというのは、数年前からいろいろと報道されているもので、何とか就職できたのに1年以内にすぐ辞職する方が多いという結果がみられます。
近年よくみるトレンドとして、看護師業界で評価の高い医療施設がたった数名程度の募集を実行する時は、看護師転職・求人サポートサービスの一般公開不可の求人を通して行うのが通常であるようです。
実質正看護師の給料の中身は、給料の平均は35万円、加えてボーナスの額が85万円、年収はトータルで約500万円となっております。准看護師よりも高いということがご理解頂けるでしょう。
実は看護師の転職データにおきましては、残らず全部見れる常態にはしておりません。その訳は、若干名の募集の枠や急な人員補充募集、並びに優秀な人員を着実に探し出すために、わざとはじめから公にしないという考え方です。
通常首都圏及び近辺の年収相場は、比較的高めに展開していますが、ネームバリューがある病院は、例え給料が多少低くてもそこで働きたいという看護師が多いため、低賃金になっている現実がいっぱいあるのでよく確認することが重要です。
条件の良い転職先であったり、キャリアアップが実現できる職環境に巡りあいたいと思いませんでしょうか?いざそんな時に重宝するのが、『看護師求人サイト』であります。
しばしば転職活動は、最初に何を始めるべきなのか分かっていないといった看護師さんも多くおられると言われています。最初の時点に転職情報サイトに登録すれば、専任のキャリアエージェントが転職活動を成功に導くよう援助してくれます。
育成体制や仕事先の雰囲気に上下関係など、多くの仕事を辞める理由が存在するかと思いますが、実のところ、就職を行う看護師自体に何らかの原因がある場合が多い傾向のようです。
看護師としての知識・技術を向上したいと、転職しようとする人も多くいます。詳細の理由は一人一人様々ですが、望んでいたように転職するには、日々じっくり使えそうなデータをリサーチしておくことが大切といえるでしょう。
なんで無料にて誰でも活用可能なのかは、看護師求人・転職情報サイトが行っているのは看護師紹介業の役割でありますので、病院へ新規転職が確定することによって、病院側よりサイトに利用料が支払われることとなるのであります。
普通看護師の年収の額はざっと400万円と聞いていますが、今からはどういうふうに変わるのでしょうか?ここ数年の日本の円高に正比例し、増加の傾向にあるというのが世間の考え方であるようです。
精神科病棟で働く場合は、危険手当等がついてきますので、給料の額が高くなっております。ちなみに体力が必要な作業も多いため、男性の看護師の従事が多くいるのが目立った特色です。
通常看護師の年収においては、会社勤めの人と比較して高額で、そして景気の悪さに関係なし、また、高齢化社会が深刻化している我が国においては、看護師の位置が下降することはないとみえます。