看護師転職サイトランキング












ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/

























夜勤専従看護師求人サイト

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。
女ばかりの仕事ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする理由という人も存在します。辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、健康を害してしまいますので、できるだけ早く転職すべきです。専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。

 

ですが、苦しみながら看護師の資格を取ることができたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。全く異なる職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事はいくつも存在します。
頑張って得ることのできた資格ですから、利用しないのは損です。
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。

 

 

 

実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、より良い雇用環境に就くためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報収集するのが安心です。
とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、人材募集が増加してくるタイミングまで経過を見守るのが望ましいです。

 

看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。

 

看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには記載されていないケースもたくさんあります。

 

その点、看護専門のオンライン求人サービスには、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、求人元を「気風」という点からも検討できます。

 

躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをお願いできる所も少なくありません。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。
どういう理由でその勤務先を希望しているのかを肯定的な雰囲気で表明するのは簡単ではありません。
高収入、休暇が多いといった待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、やりがいを求めているような応募理由のほうがパスしやすくなるでしょう。
自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世の中にはいます。

 

 

 

スキルを高めることで、高収入を狙うこともできます。看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分で自分にピッタリな職場を探すことも大切でしょう。
内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。
看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、仕事をする日が多くない仕事だったりが見つかると良いですね。
育児の間のみ看護師をお休みするという人も多いですが、育児をするにはお金がなくてはならないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を探してみましょう。

 

看護師の転職の技としては、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。

 

それに加え、3ヶ月程を使って細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。
焦った状態で次の仕事に就くと、再びやめることになる場合もあるので、自分の条件に合う職場を注意深く確認し探すようにしましょう。

 

 

そのためには、自分の希望をハッキリさせることが重要です。それに、結婚する際に転職を検討する看護師も非常に多くいます。
パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職する方が良い選択でしょう。今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職しておくと良いでしょう。
ストレスが多くあると妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。

 

 

面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。

 

雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことライバルがその分多数いると考えて、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。
TPOに配慮した品のある服を選んで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。

 

看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、待遇が良くなかったといった、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、相手側の心証を悪くしてしまいます。
要因として現にあったとしても素直に明かす意味もありませんので、積極的な姿勢で求職していることを表明してください。

 

 

 

ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、昔とは違って、ウェブを介す方法が過半数を占める勢いです。ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、無料ですし、どこにいても好きな時に募集案件をリサーチすることもできます。よいジョブチェンジを実現するには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。看護師でも転職回数が多いと印象が悪くなるかというと、確実にそうであるとは限りません。

 

自己アピールを上手に行えば、経験が豊かで意欲があるといったイメージをつけることもできますね。とは言っても、勤務の年数がほんのちょっとの場合には、どうせすぐにやめてしまうと思われることもありえるでしょう。

 

 

 

看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、はじめにどのような労働条件を求めているかをリストアップするのがよいでしょう。

 

 

日中だけの勤務がよい、オフはたくさんあるのがいい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、望む職場環境は人それぞれです。

 

 

今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、不満がたまるような勤め先で限界を待つ意味はありません。看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金を出してくれるサイトがあります。

 

 

 

転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。

 

 

 

そうは言っても、お祝い金をもらうためには条件がほとんどの場合にありますから、事前にしっかりと確認しておくようにした方がよいでしょう。

 

それから、お祝い金のないところの方がサービスが良い場合も出てきます。