看護師転職サイトランキング








マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/







eナースセンター看護師求人

キャリアアップを志して転職する看護師も少なくないです。

 

 

看護師の能力を向上させることで、収入を増やすこともできるでしょう。
看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に合う職場を探すのは大事なことです。

 

 

内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が適している人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。看護師が転職を考える時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。けれども、努力して看護師資格を得たのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。全然違う職種でも、プラスになるところは非常に多いです。苦労して取得した資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。

 

看護師が転職する時のポイントは、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。

 

それに、3ヶ月ぐらいは使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。

 

 

 

先走って次の仕事へ行くと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望の条件に合う仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。
以上から、自らの希望の条件をクリアにしておきましょう。一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。

 

 

面接担当者に嫌われると、ナースは人手不足といえどご縁がなかったということにもなるのです。

 

 

 

言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、気を抜かないで万全を期し自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。
身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

 

結婚のタイミングで転職してしまう看護師も非常に多くいます。
パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を検討すべきでしょう。

 

 

今後、育児を行っていく気があるのなら結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職をすると生活しやすいですね。
ストレスが蓄積されていると妊娠しづらくなるので、気をつけましょう。

 

実際、看護師が転職する理由は、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。女の人が大半を占める職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。その時、パワハラやイジメが転職しようと考える発端となる人も少なくありません。厳しい環境の中で無理して働いていると、体を悪くしてしまうので、早く転職することをお勧めします。看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金をくれるところがあります。
転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。けれど、お祝い金を受け取るためには条件を満たしていなければならないことが多いので、チェックを事前にきちんとしておくようにするのが良いでしょう。それから、お祝い金のないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。

 

 

 

看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、不利な条件で働いていた等々、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、それだけで評価を下げることになりかねません。

 

この場合は、仕事を変えたい本当の訳を律儀に知らせなくても問題はないため、積極的な姿勢で求職していることを表明してください。看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、最近ではインターネットを利用するのがマジョリティと言えるようになってきました。

 

 

 

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点を生かせば、無料ですし、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報をリサーチすることもできます。よいジョブチェンジを実現するには、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。

 

看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。

 

看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、より良い雇用環境に就くためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。

 

 

 

すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、募集案件が多数紹介される頃まで様子を見るのがベターです。看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、昼間のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが選べると良いですね。育児の間のみ看護師をお休みするという人もいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけた方がいいでしょう。

 

看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には表に出ていないものも数多くあります。
しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを依頼することも可能です。
看護師であっても転職している回数が少なくないとマイナス評価となるのかというと、そうとは限りません。自己PRの方法を工夫すれば、経験が多くあり、意欲的であるという印象を持ってもらえるかもしれません。

 

けれども、働いている年数があまりにも短いと、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう可能性が出てきます。看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をはっきりさせておきましょう。
夜の勤務は難しい、休暇はしっかりとりたい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。看護職員の価値は市場では高い状態なので、条件のそぐわない勤務先で限界を待つ意味はありません。看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが申込理由です。どういう理由でその勤務先を希望しているのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそれほどシンプルなものではありません。高収入、休暇が多いといった労働条件のメリットを出すよりは、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが通過しやすいようです。